婚活体験談せきらら

恋に関する記事



恋に関する記事 55

白老町商工が初めて企画した「しらおい婚活パーティー2013」で、50人近い応募が寄せられたことが分かった。町外からの問い合わせもあり、予想を超える反響に事務局も驚いた様子。当日までにキャンセルが出ることも想定し、申し込み分はすべて受理して開催準備を進める考えだ。婚活パーティーは町内に在住、または働いている20〜45歳までの未婚の男女を対象に、出会いの場を設けようと商工会が企画。今月16日に白老創造空間「蔵」で午後4時から開催するスケジュールで準備を進めている。
トンデモない自民党市議が現れた。妻子がいるにも関わらず、離婚者のための婚活サイトに登録して交際相手を探していた疑惑が浮上し、京都府宇治市議会の金ケ崎(かながざき)秀明議員(42)は4日、同市議会に市民環境常任委員会副委員長の辞任願を提出した。同委員会によると、金ケ崎市議は、市議であることを明らかにしたうえで、離婚者のための婚活サイトに登録し、交際相手を探していた。だが、実際には妻子がおり、「別居中や離婚が決まっていても、法律上婚姻状態にある場合は一切利用できない」とした同サイトの方針に反していた。地元紙「洛南タイムス」は、市議の名前を匿名にして、サイトへの登録をきっかけに知り合った30代女性と交際していたと報じた。金ケ崎市議は産経新聞の取材に「その件は家族にのみ話をするのでお答えは差し控える」とした。進退などについては「後援会とも相談しながら決めたい」と話した。
少子高齢化を食い止めるには、男女の出会いの場を増やす必要があり、そのためには、私も含めて未婚男女の周りにいる中高年世代が、もっと「おせっかいおばさん・おじさん」になって、その人に合った異性を積極的に紹介すべきなのではないでしょうか?相手に結婚への意欲を尋ねたり、相手を紹介したりするのは失礼、という考えもあります。確かに押しつけは良くありません。でも、独身の若い世代が出会いを望んでいるのなら、私たち中年以降の世代が積極的に「婚活」を支援することも、意味があると思います。もちろん、同じ独身でも、結婚していない理由には多様な背景があるはずです。不用意な言動で相手を傷つけたり、余計な詮索を行ったりするのは慎むべきでしょう。微妙なさじ加減が必要で、難しいですが、そこは年の功で乗り切りましょう。]


ink 5


サイトマップ

Copyright(c)婚活体験談せきらら All Right Reserved.