婚活体験談せきらら

恋に関する記事



恋に関する記事 54

障害のある男女に結婚相手を探してもらおうというイベントが、16日に和歌山県白浜町で開かれる。障害者を対象にした婚活(こんかつ=結婚活件動の略)は珍しいという。13日まで参加者を募集している。障害のある人で結婚願望を持つ人は少なくないが、経済面の不安などから諦めているケースもあるという。障害のある知人男性から「結婚できるのだろうか」と相談を受けたこともあり、出会いの場を設けようと考えた。今回のイベントは、障害の種類や重さ、年齢は問わない。
日本の婚活の現状をよく表しています。男性も女性も、モテることやウケること、空気を読むことばかり気にして、本質的なことからどんどん離れてしまっていませんか? 自分の感受性よりも、一般ウケするハウツーや段取りが先行してしまっているように見えるのです。それができないと、モテ失格! みたいな。でも、実際は全然違いますよね。女性だったら、もし男性が自信なさげであったなら、まず彼にあたたかい関心を持って、彼の話を一生懸命聞いてあげることが大切なのではないでしょうか?彼が話やすいように相づちを打ったり、楽しそうに笑ったりおもしろがったり、うわあ、すごいなあ! と褒めたりしてみてほしいのです。
イタリアでの監督選びは、よく配偶者選びに例えられる。クラブと監督の“結婚生活”が上手くいくかどうかは、雇用関係を超えた互いの信頼によるところが大きい。悲喜こもごものシーズンが終わった今、クラブと監督の“婚活”があちこちで始まった。9位という屈辱的な今季の順位に失望したインテルのモラッティ会長は、経験不足が目立った37歳のストラマッチョーニ監督を解任し、新たな伴侶を迎え入れた。来季インテルの指揮を執るのは、ナポリとの契約を満了したばかりの智将マッツァーリだ。


ink 5


サイトマップ

Copyright(c)婚活体験談せきらら All Right Reserved.