婚活体験談せきらら

恋に関する記事



恋に関する記事 41

新しく知り合いって相手を信用するには、ある程度の時間がかかるものですね。しかし、人は不思議なもので、自分が信頼している人が認める人に対しては、簡単に気を許してしまう心理傾向があります。ですから、男女の出会い方は様々にありますが、代表的なものの1つに、友人の紹介がありますね。様々なカップルの例を見てきましたが、この方法で知り合った男女は、割と交際がまとまる率が高く、結婚までも比較的スムーズであるなど、うまくいっているケースが多いと感じます。
返事はすぐに欲しいものだが、婚活は駆け引きも大事なので
すぐに返信しないという作戦もあるくらいだ。
自分に興味がないと判断するという人が多かった。
また、そもそも男性は女性に比べてメールが好きでは無い人が多いと言うのもある。。
親の世代は結婚するのが当たり前だったし、結婚しない人があまりいない時代だったため、独身でいることが分かりにくいようです。
恋愛に関して話題のドラマ最高の離婚の脚本家が東京ラブストーリーという、テレビ史に残る、大恋愛ドラマを書いていた時代があった。恋愛こそがもっとも素晴らしいものであると信じて、20代を送った。恋愛がトレンドであり若者たちは何を置いても恋愛に励んだのだ。愛を信じた世代でさえ、恋愛に基づく結婚を続けるのは大変だったのかも知れない。
そして現在は女性も社会でバリバリ活躍する時代で、仕事が充実している女性は、同性から見てもあこがれてしまいます。しかし恋愛や婚活においては、できる女であることが、裏目に出てしまう可能性も。仕事のできる女性は、ついお見合いの席でも、会話の主導権を握ってしまいます。場を盛り上げようと気をつかっていろいろと積極的に質問をする女性をたくさん見てきました。しかし、どんな男性にも、女性をリードしたいという気持ちがあります。女性から矢継ぎ早に質問をされては、男性の立場がなくなってしまいまので、お見合いの席では男性からの質問を待つくらい男性主導にした方が良いかも知れないですね。
婚活は色々と大変ですね。
未婚男性の約半数が結婚したいと思っている。その中でも公務員は4人中3人に結婚願望があるようだ。そのように結婚願望が高い男性の職業は1位公務員で2位は営業職と専門職となっている。安定した人は女性からもモテるので現実的なのかも知れない。さて容姿が良くモテる要素が高い人が居るように、容姿が悪くてもてなさそうな人が社交性があって積極的で周囲と仲良くしようがんばっている人に対しては楽しそうだからと好意を抱かれることもあります。積極的に笑顔で人と接する人はなんだかんだでモテる人となり、出会いをチャンスに変える人になれるんです。容姿や条件だけで無く、人当たりがいい人は理解されると言うことですね。
婚活する際には客観的な条件と主観的な条件のどちらを優先させるべきでしょう。紹介書やプロフィール用紙を見ても年収や身長や体重など客観的なものばかりとなります。ですから客観的な条件ばかりを基本的に優先させがちとなります。婚活の場では多くの人は客観的な条件を満たした人でさらに主観的な条件も満たした人と恋人になりたいと思っています。年収600万円以上でイクメンの男性を探すといった人が多いのです。実は婚活を成功させるコツは、条件だけで相手を見ないということで、性格や価値観が合いそうな人を選ぶと言う事です。そしてその中で年収などの条件面がすこしでも合っているひとなら尚良いと考えるのです。さて、どうして男と女は惹かれ合って恋に落ちるのでしょう。もちろん恋愛に発展しない異性同士の友人関係などのつきあいもあります。相手がタイプの男女でもその時の状況によって恋に発展しやすい状況とそうでない状況がありますね。人はスポーツや遊園地のスリルなどのドキドキを恋愛のドキドキと勘違いする吊り橋効果があるのですが、それがきっかけで交際が始まるケースは案外多いです。



ink 5


サイトマップ

Copyright(c)婚活体験談せきらら All Right Reserved.