婚活体験談せきらら

恋に関する記事



恋に関する記事 40

就職活動と婚活は似ていると言われます。どちらも一生付き合っていくべきパートナー選びだからかも知れない。そして仕事もプライベートも円滑にするのは笑顔が必須です。ですが日本人は笑顔を見せることが苦手といわれます。グローバル化が進む現在、これまで以上に笑顔が良い人生をもたらしてくれるでしょう。そして婚活あ恋愛に話を戻すと、よい恋愛関係を得られない時期が続いて悩んでいる人が案外多いのです。そんな時は交際相手を批判したくなることもあるでしょうが共に一緒に生きていく喜びや幸福感を分かち合うように努力したいですね。相手をお互いに批判しあったりするとつまらない人生になってしまいます。その前提をどうか忘れずに相手を思いやりましょう。また条件にばかりとらわれた婚活をしているともし結婚できたとしても心温まる幸せな関係は得られですよ。相手に対して少し謙虚な心で接して見ましょう。あなたの人生はあなたが楽しくもつまらなくも出来るのです。
恋愛に発展する迄が大変なので、告白までは少しがんばってみよう。
男性は自分からデートに誘わないといけないので、女性は待っているから積極的にいかないと駄目なのだ。草食系であっても、自分から誘うということが必要なのだ。
婚活で恋人が出来た人は、お相手にプレゼントをあげる時期は不安になったりするものです。
歴女という女性が婚活でも増えて来ていますが、鎌倉幕府を開いた源頼朝が神社を深く信仰したのは有名な話で吾妻鏡には石橋山の戦いで敗れた源頼朝を当社の権現別当が助けたとのいわれがあります。それ以降は関東の武家の崇敬を受けることになった。その源頼朝をはじめ、徳川家康も戦の前に勝利を祈願したというこの神社があるのだが、結婚相手を捜す人達が婚活という勝負に挑む前に訪れるには良いのです。さて恋人がなかなかできない理由として多くの男女が考えている事は良い相手との出会いがないという事。普段の生活のなかに、自分の理想の新しい出会いがないというものですが、じつは異性が周囲にいるけど、高望みで相手にしないからという事も考えられる。結局出会いがないと言っていても、自分の理想の恋愛の形に繋がるような出会いがないと言うことでもあるのです。もう少し積極的に出会いに向けて見ましょう。
結婚を意識している独身の男女にとって、親お見合いとはどのような存在になっているのだろうか。



ink 5


サイトマップ

Copyright(c)婚活体験談せきらら All Right Reserved.