婚活体験談せきらら

恋に関する記事



恋に関する記事 38

良く聞く婚活が成功しない原因があるらしい。実際に女性が積極的過ぎると男性は引くし、婚活イベントで、女性ばかりが目立った行動すると引いてしまいます。雑誌などのアンケートでは怖いという回答も。また、一般的な男性の本能として、簡単に落とせる女性にはあまり興味が湧きません。自然体がいいからと言って、普段のカジュアルな格好で婚活するのはNG。特に、大勢で参加する婚活イベントなどでは、話しかけづらいですからね
2010年の国税調査では、30〜34歳の約2人に1人、35〜39歳の約3人に1人と過去最高の数字をマークした男性の未婚率。ウィークデーは朝から晩まで働きづくめで、アフター5や土日に、女性と出会うコミュニティに積極的に顔を出していなければ、たとえ都会に住んでいても、女友達ですらできるわけがありません。でも、生活動線上に女性との接点がない。あったとしてもこの年令で傷つきたくない自己保身やら、相手の迷惑を考えての遠慮やらで今一歩踏み込めない。そんななんやかやを忙しいというひと言で逃げてはいけません。
デパートでも、クリスマス商戦が活発になっており、
恋人と別れてしまった人は、昔の恋を引きずっている人も多く、当時のようにまた恋がしたいと考えていても
次の恋に真剣になれないと言う事もある。
しかし自分では、最後の恋と思っていた恋が崩壊してしまったので、新しい恋に出会えないといった人もいます。
忘れる努力は必要ないですが、新しい扉を開く努力は必要ですよ。ぜひがんばって下さい。
婚活は色んなイベントがありますね。伏見桃山城のイベントは壮大なオープニングではじまり、田中軍と川大軍の出陣式があり、婚活史上まれにみる大規模な大花見大会、ラストはドキドキ告白タイムと続くという。通常の出会いの場の提供だけなく、様々な男女の交流やカップリングまでスタッフが間に入ってサポートをしてくれ楽しいようです。
婚活のメールについて悩んでいる人はそこら辺も考えてみてはいかがだろう。
その他にも出会いの方法はあるんですが、身近なことでは職場結婚や昔からの知り合いなど、結婚に進むことが多いのが友人や知人からの紹介パターンです。このパターンにも共通して言えることは、2人を取り囲むグループに、共通の知り合いが多いということ。共通の知り合いが多いと、なぜ結婚に進みやすいのかというと、2人を知っているという人が多い分、社会認知度が高くなるからです。交際を始めれば、周囲の人間が交際の発展状況や、結婚の時期を容赦なく聞いてきます。そのため自然とお互いに結婚を意識したくなるのです。



ink 5


サイトマップ

Copyright(c)婚活体験談せきらら All Right Reserved.