婚活体験談せきらら

恋に関する記事



恋に関する記事 34

さて女性の言葉で真に受けてはいけないのが何かしてあげた時に良い人と言われることでしょう。実際は私に都合よくしてくれて、ありがとうとしか思えないケースが有ります。女性がが友達の彼氏の写真を見てやさしそうな人だねっていったときは褒めるところがない地味な男性だから、人が良さそうっていう表現するしかないという事です。この場合やさしいは褒め言葉じゃなく、具体的に特に良いポイントがないけど、あえて男を持ち上げなくてはいけない時用の女子の知恵と言えますが、自分がそのように言われたら怒るのに自分を棚に上げる人が多いかも知れないですね。
婚活をしていく上で、やっぱり人間中身が大事と言われる事が多くなります。性格が穏やかで相手の事を気遣える人が人気です。当然、目に見える条件がまずは大事ですが、それは最初の出会いの所までで、知り合っていく内に中身が重要視されます。実際に中身を知りたいと思ってもらえるかどうかは外見にも大きく影響されてきますが、仕事や恋愛などで初対面で相手に良い印象を持ってもらうのは大切です。ほとんど第一印象は7秒で決まり、人は外見で相手の半分以上を判断してしまうので、やっぱり見た目だる容姿は婚活では大事なんですね。そして街コンやパーティーで積極的に動く人は少なくなってきました。前向きに積極的に相手に話しかけても冷たい目で見られることが怖いからだそうです。男女ともに理想の相手を見つけるために婚活をしていく上で、ふられるのを怖がってはダメなのだろう。また婚活をがんばってもまったく結婚に結びつかないから不満な男女も多いのだ。自分の努力やイヤな気持ちになるようなことだからやらないというスタンスでは幸せになるのに難しい現状がまっているので、自分自身で変えて言いましょう。
男性は、恋人に振られたときに相手の女性がなぜ自分を拒否したのか理解でき無い人が多いです。
市営地下鉄を貸し切って男女の出会いの場を提供する婚活イベントが開催されて市民から喜ばれているようだ。参加者は独身となるが、結婚適齢期の独身男女は結構多いようだ。イベントの内容は、車両内で出会いが生まれるサービスらしい。地下鉄東西線の六地蔵駅に集合し、終点の太秦天神川駅まで臨時電車を運行させてイベントを行う。一駅区間の約3分で異性と話して、次の駅に到着すると話し相手を次の人に替えるのだ。全員と話したらバスで嵐山を周遊し、食事会を開いて話があった人とサイドはなしたうえでパートナーを見つける仕組みになったいる。昔の恋愛の形として男が女のもとに通う通い婚と言うのが普通であったようだ。そんな結婚生活を最近では実践する中高年が増えているというのだ。たしかに、中高年の再婚には多くの障害がある。母親と同じ墓に入れるか、あるいは財産を赤の他人と分けることになるじゃないかなど、相手の子供に警戒される話もたまに聞いたりする。それなら通い婚でなくとも、籍を入れずとも事実上の結婚として同居すれ人も増えるのが分かる気がする。



ink 5


サイトマップ

Copyright(c)婚活体験談せきらら All Right Reserved.