婚活体験談せきらら

恋に関する記事



恋に関する記事 33

男女共に婚活はがんばることが大事なんですね。
結婚をしたら、一緒に食事をするなどの生活を送るわけですから、お互いの好き嫌いや食に対する考え方が肝心となります。嫌いなものは嫌いなんですと言うこともある。初めに嫌いな食べ物を我慢するとずっと我慢することになります。食べられないことを伝えたうえで嫌いだと言えば良いのです。好き嫌いがあるのは仕方ありませんから。大切なのは相手の気持ちを思いやれるかどうかです。男女とも苦手なものはないのはとてもいいですね。しかし、アレルギーなどの問題もありますから、食べられない相手への思いやりは持っていたいですね。さて人の恋愛は、洗練されているとはいえ人間の恋愛は動物のように即物的な生殖行為をするだけではありません。動物たちに比べると、人間の恋愛は非常に洗練されています。ただ栄養を摂るためだけならば、そのまま食物を齧っていけばよいですが人間は手をかけて時間をかけて少しでも美味しい料理を作って食べようとするのに似ています。人間の恋愛も、究極的には子孫を残すためが目的だとしても、楽しむなどの過程や変化を楽しんだりするんですね。結婚は良いものですね。
そろそろ結婚したい、婚活でもはじめてみようかなと思ったり、結婚したいなと思った時が適齢期です。難しいことはありません。婚活って、結婚したいと思うことそして行動を起こすことのふたつだけ。はじめの一歩を踏み出してみよう。婚活の場には、ときどき結婚願望の薄い男性が紛れていることがあります。または、とっても惹かれるけど、はまらないほうがいい相手もいるんですね。
社内恋愛のメリットは以下の理由が多いようです。
 1位は、職場での出来事や仕事の達成感、辛さなどが共有できる事。
 2位は、相手がいるから、会社に行くのが楽しい事。
 3位は、残業や仕事の付き合いなどに対する理解が得られる事だそうです。
男性が消極的になってきたせいで、女性が積極的にならざるをえないのは時代の流れなのだろうか?
でも、本当に好きな人には思いを自分から伝えたいものである。


ink 5


サイトマップ

Copyright(c)婚活体験談せきらら All Right Reserved.