婚活体験談せきらら

恋に関する記事



恋に関する記事 31


明治期にラブという言葉が西洋思想として認識されるまで、恋愛という言葉は日本にはなかった。愛情という言葉はあっても、恋愛は明治20年代以前の書物には登場しない。結婚は制度であり、物質的な欲望や世間的な打算に満ちている。義務もあれば儀式もある。結婚は、そういった世俗的なものを引き受けることに他ならない。明治の人たちは西洋思想のラブを受け入れることによって、肉体的な欲望を超越した精神性や男女が思い思われる関係といった、日本にはなかった文化を知ったのだった。この恋愛という精神性の高い活動と結婚という打算的制度との矛盾に気付き、この二つを何とか融合させようとしたようです。
一目惚れのような勢いで恋に落ち、そのまま、その愛情を長く持ち続ける人。情にあつい人に多く、相性の良い人との出会いに恵まれれば、結婚後の幸せも手に入れやすい。恋に落ちやすいが、ふとした瞬間に急激に冷めてしまう人。どちらかというとオープンで、外交的な性格の人に多く、多少「自己中心的」である性格傾向もあるそう。幼少期の環境などが原因になっている場合もある。熱しやすい人というのは、出会ってすぐに、周囲がビックリするほどのテンションで恋愛に飛び込み、夢中になっていくタイプのこと。ちなみに、恋愛での「熱し方」というのも、人それぞれ。例えば、相手の生活空間に入り浸りたがる、連日デートや電話をしないと気が済まない、すぐに性的関係に入ってしまう、恋人の身の回りの世話をしたがる、金銭を相手に貢いでしまうと嫌な感じかも知れないですね。
そして恋のアプローチ、失恋、婚活、結婚生活などさまざまな悩みを抱えている人は多いみたいだ。コンビニの店員に恋した場合は、どうやってアプローチすればいいのだろうか。などの相談には共感する人も多いのでは。そのほか「鼻くそを食べオナラ連発の彼女」「恐怖! 彼女の妹と母親から誘惑されています」「最近、妻の後ろ姿しか見ていない」などちょっと笑えることもあるようです。
楽しい結婚生活は相手を思いやる事です。お笑いコンビのモンスターエンジンの大林が結婚した。お相手は24歳の一般女性で妊娠4カ月と言う事でできちゃった結婚なのであろうか。大阪市内の区役所に婚姻届を提出したが、挙式や披露宴は未定だそうだ。大林と女性はもともと知人同士で交際に発展したという事だ。さて女性は男性より、学歴や勤務先を気にする傾向があり、現実的なのですが女性特注の自慢やプライドがそうさせるのだろうか。学歴が低いと困る」などの意見は、女性にみられた結果となった。「年収が高い」ということは、努力の証という意見を筆頭に、約半数の人が自分より年収の低い人との結婚を考えられないとしていた。女性は、学歴や勤務先を気にする傾向にあったが、これに対して男性は、「趣味の一致」を重視する傾向にあった。その理由をみてみると、きっかけとなる話題探しが必要という人が多い。何か一つでも共通の趣味があると、話しやすいのは間違いない。年齢や学歴、話題のきっかけになる「趣味の一致」などもその人の判断材料となるが、それらも合わせて、「容姿」には内面が出るという意見。

さて田原俊彦がオリジナルアルバムI AM MEの発売を記念して、赤坂BLITZでライブを行なった。僕がね、いつも田中君の婚活をしてね、女の子を紹介してるんですけど、なかなか上手く行かなくてねとMCを続けると、2階の関係者席にいた田中裕二から早く歌え!と突っ込みを受け、会場は爆笑の渦に包まれた。テレビ関係者は、田原と田中裕二の関係についてこう語る。爆笑問題はデビューしてから一気に売れっ子になったが、事務所独立問題で苦しんだ時期が長かった。いっぽうの田原も、ジャニーズ事務所独立以降、同じように苦しんでいた。そんな境遇を経験しているからこそ、お互いに分かり合えている部分もあるんですって。
芸能人でも婚活や恋愛は大変みたいなんですね。



ink 5


サイトマップ

Copyright(c)婚活体験談せきらら All Right Reserved.