婚活体験談せきらら

恋に関する記事



恋に関する記事 27


恋人の実家での料理については、女性の場合に手伝うべきか悩みますね。
だが、他人に台所に入られたり冷蔵庫の中などを見られるのはイヤだと思うお母さんもいるので、
でき上がった食事を運んだり、洗い物を手伝う程度にとどめておくのが無難だと思います。
又、ずっと座っていて何もしないのは、ちょっと印象が悪いと思いますので何かお手伝いできることはありませんか?などと聞くのがいいでしょう。
結婚を認めてもらう前の段階は、婚約者や嫁としてではなく、お客様としての立場でよいと思いますが、
少しは手伝ってほしいというご家庭もあります。
そこで小さなエプロンを持参しておくのが間違いありませんね。
婚活していると子供が欲しいって本当によく聞かれます。世の男性の中には単に自分が若い女性を希望する理由づけとして子供のことに触れている場合もあるので注意が必要です。ためしに婚活サイトなどで男性がパートナーに希望する年齢のところをみると、見事に20代から30代前半ばかり。40代、50代の男性であっても20代から30代を希望しています。普通に考えると単なるわがままに聞こえそうですが子供が欲しいからと言ってしまえば周りはなんとなく納得してしまうものです。ともかく、子供が欲しいと言っている男性の全員が必ずしも本当に子供を望んでいるわけではない、という事は肝に銘じておきたいところです。
異性との出会いのきっかけとなる、婚活パーティや異業種交流会。せっかく活動しても成果があがらずしんどいと、最近ギブアップ気味の人が増えていて男性と女性では婚活の方向性がまったく逆だとしたら、うまくいくはずがありませんよね。女性が結婚相手との出会いが足りないと、婚活から結婚という図式を描いているのに対し、男性の考える婚活は、デートする機会を増やす、好きな人にアプローチして恋人を作るなど、婚活イコール恋愛という意味合いが強いようです。新しい出会いやきっかけを求めて婚活に励むアクティブな女性に比べ、婚活パーティに参加する男性は職場に女性がいなかったり、ふだん女性と接する機会が少ない人が多いですね。積極的に婚活を頑張りたいですね。


ink 5


サイトマップ

Copyright(c)婚活体験談せきらら All Right Reserved.