婚活体験談せきらら

恋に関する記事



恋に関する記事 19

婚活のなかで結婚に進む割合が最も高いのは結婚相談所での活動と言われています。料金も高いので、本気度が高い会員が集まっているからです。しかし実際に結婚相談所に登録しても全員が結婚できる訳ではありません。 高い金額を払って活動しているんだから、その金額に見合う人出なければ交際や結婚はしたくないと考える人が居るからなのですが、同世代の婚活男子には経済力に自信のない人も多く、仕事をして収入のある女性を求める傾向があるとか。就職氷河期+非正規雇用の増加と将来の展望も明るいとは思えない雇用環境が、若い女性の専業主婦志向につながっている。実際はかないそうにない希望だとわかっているからこそ、彼女たちは婚活に励む。学生時代から、就活と同時に婚活女子デビューも珍しくないらしい。「30歳までに出産し、家を建ててローンを返済していくには家庭を早く持ちたい」と。だから、在学中の婚活も早くはないというのだ。確かに結婚しにくい時代ではある。あせる気持ちはわき起こるにしても、周囲の動向にいちいち右往左往されたくない。自分のビジョンを大切にあせらず婚活を続けるべきだ。
開設2年目の県丹波出会いサポートセンターで今年度、 10組のカップルが誕生した。 県内10センターのうち、 登録者に占める成婚率が最も高くなっている。 年度ごとに登録が必要になることから、 同センターは4月からの新登録、 登録継続手続きを呼びかけている。センターは県民局単位で設置されており、 今年度、 県内で99組が結婚。 丹波の10組は、 本部 (神戸市) 18組、 中播磨17組、 東播磨16組、 西播磨11組に次いで5番目。 会員数に占める成婚率は、 5・6% と最も高くなっている。 結婚にいたった男女は30歳代が多い。
夫婦への取材で、その満足度と、幸せになる結婚の条件を探ってみた。毎日会話は2時間、デートも旅行も欠かさない仲のよさ。それも、奴隷系男子といると私らしくいられる優希さんに対し、夫がドMという相性ゆえ。夫はこ一生ケツを叩かれて、成長せざるを得ないと思って結婚を決めた。こま鼠のように働けとか、さんざん焚きつけてあげてるわ。家事も、料理と掃除機がけ以外は全部彼の役目なの」そんな彼女の結婚満足度は98点となっている。


ink 5


サイトマップ

Copyright(c)婚活体験談せきらら All Right Reserved.