婚活体験談せきらら

恋に関する記事



恋に関する記事 13


女性も年齢を重ねると不妊について考える事があるだろう。結婚後妊娠の確率は20代から30代前半にかけて緩やかに低下していき、35歳を過ぎると一気に妊娠の可能性が低くなってくる。そして40代になるとはなかなか妊娠や出産が難しいと言われている。そこで不妊治療をしている夫婦も居るくらいだ。結婚相談所で活動している男性は子どもを考えると35歳以上の女性を敬遠しがちだ。交際相手がいる人は良いが、結婚適齢期の独身者は寂しいと思っている人が多いだろう。なかでも職種で交際している率が違っているのだ。営業職の人は他の職種に比べて交際している率が高いとの事が分かった。やはり人と話す事が仕事だったりするので、積極的に恋人を作るのであろう。また、研究開発などの分野の人は交際している確率が低いようだ。黙々と仕事をこなす仕事で、結局的に異性に話すのが苦手な人が多いのだろう。どちらにしても多少積極的に恋人を作る努力が必要ですね。さて恋人同士になるとお互いに顔を見つめ合っていることが多くなりますよね。相手の顔をじっとみてラブラブになったりする。恋人同士でなければ、相手の顔をじっと見つめる事は違和感がありますね。一般的に人が一対一で会話をするときは相手の目や顔に視線を向けるのは、話している時間の半分以下くらいだそうだ。それ以上相手の顔をじっと見ると話の内容よりもその人に対して好意を持っているからと考えられるそうです。恋人同士であれば良いですがあまり親密出ない場合は失礼になる事が多いし、不信に思われてしまう事もあります。好意がある人に自然で上手な視線の合わせかたとして相手の話の始めと終わりに視線を合わせるようにすると良いそうだ。婚活には使えるテクニックかも知れないですね。
女性は子供を産む道具では無いと怒りの声もあるようだが、男性も金を稼いで家に運んでくるだけの道具ではないと反発もあるようだ。さて結婚に向かっているときに相手の御両親をお父さん、お母さんといきなり呼んでしまって、怒られる事がある。いきなりのお父さんはマナー違反なので、認めてもらうまでは遠慮をしましょう。また、お互いに呼び合っているニックネームがあってもご両親の前ではちゃんと丁寧な呼び名で相手を呼びましょう。フランクな感じだったとしてもある程度の距離感が大事になってくるのは後になって効いてきますよ。



ink 5


サイトマップ

Copyright(c)婚活体験談せきらら All Right Reserved.